ポイントの活用法

ポイントといっても、消費者金融内で使えるポイントが貯まるという形式でもありません。

ポイント制を取り入れている消費者金融でも、基本は外部のポイントサービスと連携して利用可能としていることがほとんどです。

そのため、貯まったポイントをどのように活用するかは、連携しているポイントサービスの特性によって大きく影響されます。

下記では、代表的な消費者金融のポイントサービスにおける一例を取り上げています。たとえば、海外の人気サッカーチームとパートナー契約を結んでいることでも知られる、大手インターネット企業のポイントです。支払利息分に応じて、専用ポイントが付与される形式となっています。

重荷は、1,000~5,000円未満で30ポイント、10,000~15,000円未満で150ポイントといった具合です。

世界的にも知られる大手企業のポイントなだけあって、幅広い活用の選択肢が検討でいます。

また、近年の消費者金融はインターネットとの連携が密なだけに、ネットマイルを取り入れている点も特徴的です。貯まったマイルは、ネット上のサービスから買い物、ギフト券、さらには航空マイルにまで交換できるという魅力的なサービスです。

こちらも、返済利息額に応じたマイル付与形式となっています。

合わせて読む:お得さ以外のメリット